体験談

片方のオッパイを嫌がって飲まない!私がした授乳の対策方法

私の二人目の子供は、病院での入院中はそこまで片方のオッパイに偏る事も無かったのですが、家に帰ってから右側の授乳を完全に拒否!

それはそれは凄い嫌がりようで、、、

泣きわめいて、暴れて嫌がって、絶対に口にくわえようとなんてしてくれませんでした。

ゆか
ゆか
一人目の子が、そんな事なく授乳できてたのもあったので、どうしたらいいのか?本当にびっくりしました、、、

そこで、何故飲みたがらないのかを、色々可能性を探ってみたところ、オッパイが出過ぎているんじゃないか?という可能性にたどり着いたのです。

この記事では、片方のオッパイしか飲みたがらない赤ちゃんに対してした私の対策方法をご紹介しています。

この記事がおすすめな人
  • 片方の母乳の量が出過ぎている

右側のオッパイだけを凄く嫌がる理由は過剰分泌だった

元々、病院で入院中から母乳を吸う力がまだそんな無い感じだったので、最初はそういう理由で右側だけ嫌がっているのかな?

と思っていたのですが、授乳をよく観察していると吸う力というよりは、私の母乳の量が多すぎるんじゃないか?という事に気づいたのです。

ゆか
ゆか
ただ、この理由にたどり着くまでに他にも可能性を探ってもみました!
  • 授乳の体制を変えてみる
  • 乳首の大きさが違う?
  • 乳が張りすぎていないか

など、考えてはみたのですが、乳首の大きさに変わりは見えないし、授乳の体制をいくら変えても右側だけは断固拒否でした。

また、オッパイが張りすぎていても飲みにくいと思うので、そういう時は少し絞ったりしてから飲ましていましたが、これもダメでした。

なので、可能性的に残ったのが、母乳の出過ぎ(過剰分泌)です。

シャワーのように出る母乳

右側のオッパイを授乳している時をよく見ていると、少し吸い始めただけで、シャワーのように出てきている事がわかりました。

また、シャワーのように出るのは張っているからとかではなくて、普通の状態でシャワーのように出る感じです。

なので、それが口に溢れてしまって、おそらく飲み込んでも飲み込んでも母乳が入ってくる状態だったんだと思います。

ゆか
ゆか
左側はそんな風に出ないのですが、何故か右側だけ勢いが凄く出るのです、、、

右側の母乳を飲ますためにした対策方法

過剰に出過ぎるオッパイを飲んでもらうために私がした対策方法は、哺乳瓶を余分に用意する事と、嫌がる方から授乳をする事です。

搾乳器で搾乳をする方法もあると思うのですが、この方法では過剰に絞りすぎてしまって、より母乳が作られてしまうためおすすめしません。

ゆか
ゆか
哺乳瓶以外にもカラのコップなどもおすすめです。

哺乳瓶に母乳を入れる

授乳時に哺乳瓶を1つ用意して、過剰に出てきた母乳だけを哺乳瓶の中に入れます。

なので、搾乳のように絞り出すのではなく、シャワーのように出ている時の母乳だけを哺乳瓶に入れる感じです。

ゆか
ゆか
哺乳瓶に入れると、その母乳も後で飲ませる事ができるので、哺乳瓶に入れてました。

もし、哺乳瓶が無いという方は、タオルなどに出すか、母乳パッドに出すという方法もありますが、タオルだとけっこう濡れちゃいます。

また、母乳パッドもかなりビチャビチャになります。

必ず嫌がっている方から授乳をはじめる

嫌がっている方から授乳をはじめるのは、少し可哀想ではあるのですが、必ず嫌がっている方から授乳をはじめます。

これを、授乳の度に何度も繰り返していきます。

すると、右側の母乳が口から溢れない事が、だんだんわかってきたのか、しだいに右側の授乳も嫌がらなくなりました。

両方のオッパイを授乳をさせるために

ゆか
ゆか
私の場合は、シャワーのように出てしまう母乳が原因のようでしたが、同じ悩みの方に参考になれば幸いです。
まとめ
  • シャワーのように出ている母乳だけを摂る
  • 嫌がられても必ず吸わない方から授乳をはじめる

こちらの記事もおすすめ