肌断食・ゆる肌断食

【肌断食】日焼け止めの選び方は?普段使いにおすすめの日焼け止めについて

肌断食と言えば基本的に何もお肌に何も塗らないスキンケア法ですが

長時間外出する場合は、日焼け止めを塗る事をおすすめされています。

ただ、日焼け止めを塗るにしても、どんな日焼け止めを購入したら良いのか気になりますよね。

この記事では、肌断食中の日焼け止めの選び方についてと、おすすめの日焼け止めをご紹介しています。

おすすめ洗顔ネット!モコモコ泡が簡単に作れちゃうバルクオムザバブルネットの使用感レビュー洗顔ネットって、泡立ちがあまりよくなかったり、使いにくかったりする事はないですか? 例えば、すぐに破けてしまったり、ネットが小さく...
【肌断食】日焼け止めが必要な人と必要無い人肌断食では、基本的にお肌にスキンケアを何もしない事が肌断食です。 なので、基本的には日焼け止めも塗らずに過ごす事をおすすめをされて...
【レビュー】肌の悩みがすべて消えるたった一つの方法私が今回読んだ本はこの本です。 「肌」の悩みがすべて消えるたった1つの方法 posted with ヨメレバ ...

日焼け止めの効果や数値の選び方について

初めに、皆さんは肌断食のやり方はご存知ですか?

もし知らないという方は、こちらの記事に書いているのでご覧ください。

肌断食の正しいやり方とは?大事な6つのポイントをご紹介皆さんは肌断食の正しいやり方をご存知ですか? 基本的な肌断食のやり方は皆さんもご存知の通り、「何もしないスキンケア」というのが基本...
ゆか
ゆか
日焼け止めの選び方について一つずつご紹介していきますね。

お湯、または石鹸で落とせる日焼け止めを選ぼう

肌断食では、基本的にクレンジングは使用はせず、石鹸を使用します。

なので、日焼け止めは石鹼で落としやすい、お湯、または石鹸で落とせる日焼け止めを使用する事をおすすめされています。

SPF15かSPF30の物を選ぼう

次に、日焼け止めの数値の選び方についてです。

日焼け止めには、SPF30や50、また100などの表記や+などの表記がありますよね。

あの表記の意味は何かご存知でしたか?

「pa」と「SPF」

普段私達が浴びている紫外線は、実は2種類もあります。それが、A派とB派なのですが、この紫外線はぞれぞれ異なる紫外線なのです。

A派は真皮まで届いてシワの元となり、B派は表面に作用して日焼けやシミの元になる紫外線。

そして、これを防ぐレベルを表しているのが、「+」の表記と2~50の数字の表記です。

また、A派を防いでくれる力を表しているのが「PA」で、B派を「SPF」で表記しています。

という事は、+が多い物や数値が高い物を選んだ方が良いという事?

と思ってしまうところなんですが、実はそうでは無いのです。

数値は持続時間

一見、数値が高い方が日焼け止めとしての効果が高そうなのですが、実は効果は変わり無く、変わるのは時間です。

SPF1の数値について

素顔で紫外線を浴びた場合、だいたい20分で人は顔が赤くなりはじめるのを基準としてSPF1としています。

なので、SPF15の日焼け止めの場合は20分×15=300分(五時間)となります。

5時間でもかなりの持続時間ですよね。もしも、これがSPF50だとすると……

20分×50=16.66666666666667(約16時間)

という事になります。

16時間は、スーパーに行くだけや公園に散歩だけなら要らないですよね。

一見数値が高い方が日焼け効果が凄くありそうな感じもしますが、実際の日焼け効果は変わりません。

また、日焼け止めは、どんな数値の物を使用したとしても二時間おきの塗り直しがおすすめされています。

ゆか
ゆか
普段使いにはSPF15か30がおすすめです!

日焼け止めの種類やタイプの選び方

日焼け止めと言えば、お肌に塗るタイプの物が一般的ですが、身体の内部から日焼け対策をしてくれる物などもあります。

ゆか
ゆか
一つずつご紹介していきますね。

クリームタイプ

クリームタイプの日焼け止めは、保湿効果が高く持続力もあり、化粧下地としてもおすすめです。

ですが、にきびや肌荒れの原因にもなる事もあります。

化粧下地
石鹸で落としやすさ

ジェルタイプ

ジェルタイプの日焼け止めは、伸びが良くべたつかないのでサッと塗る事ができ、一本で使用をするのには凄くおすすめですが、化粧下地向きではありません。

また、石鹸でも落としやすいです。

ですが、刺激が強いので敏感肌の方にはおすすめできません。

化粧下地
石鹸で落としやすさ

ローションタイプ

ローションタイプの日焼け止めは、肌にのせた感じがとても柔らかく化粧下地にも使えたり、使いやすい日焼け止めです。

また、石鹸でも落としやすいです。

ただ、紫外線防止効果は他の物と比べると低く、汗や時間経過とともに落ちやすいです。

化粧下地
石鹸で落としやすさ

スプレータイプ

スプレータイプの日焼け止めは、顔だけでなく髪の毛や頭皮にも使用ができます。

また、スプレーを振るだけなので、使いやすさも良いです。ですが、他に飛び散ってしまうなど、ムラができてしまう事があります。

化粧下地
石鹸で落としやすさ

ミルクタイプ

ミルクタイプの日焼け止めは、お肌になじみやすく、とても塗りやすいです。また、保湿効果も期待ができます。

また、化粧下地としても使用しやすく、石鹼でも落としやすいです。

ですが、油分が多いのでニキビや肌荒れの原因にもなります。

化粧下地
石鹸で落としやすさ

パウダータイプ

パウダータイプは、他の日焼け止めと比べると一番お肌に優しいタイプです。

また、肌断食で日焼け止めを塗るのであれば、パウダータイプが一番おすすめで、石鹸でも落としやすいです。

ですが、水や汗などで落ちやすいため日焼け止め効果が低いのが欠点ではあります。

化粧下地
石鹸で落としやすさ

飲むタイプの日焼け止め

飲むタイプの日焼け止めは、身体の内部から日焼け対策ができるサプリメントです。

ただ、注意が必要なのは、飲むタイプの日焼け止めだけを飲んだとしても絶対に焼けないという訳ではありません。

行く場所や時間によっては、日焼け止めクリームと一緒に併用する必要があります。

また、飲む日焼け止めのサプリメントは、美容成分配合の物も凄く多いので、日焼けを防ぐ効果+美肌効果にも効果的であります。

ゆか
ゆか
食事ではとりきれない美肌の栄養を取りながら、日焼け対策をする事も凄くおすすめです。

肌断食の日焼け止めの選び方まとめ

肌断食中の日焼け止めの選び方について、まとめます。

肌断食日焼け止めの選び方
  1. お湯または、石鹸で落とせる日焼け止めを選ぼう
  2. 普段使いはSPF15か30で十分
  3. パウダータイプの日焼け止めが一番おすすめ

また、パウダータイプの日焼け止めだけでは心配だという方には、

  • ミルクタイプ
  • ジェルタイプ
  • ローションタイプ
  • クリームタイプ

この4つがおすすめです。

また、もし日焼け止めだけでお顔を綺麗に仕上げたい場合は

クリームタイプとパウダータイプの併用

がおすすめです。

特に、小さいお子さんを持つお母さんは、公園に二時間くらいは出たりする事もあると思うので、肌断食中でも日焼け止めを塗る事をおすすめします!

皆様のご参考になれば幸いです。

こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA